スカルラッティ ソナタ K.87/L.33 動画集 | Mボックス

Music video

スカルラッティ ソナタ K.87/L.33 動画集

ドメニコスカルラッティのソナタを集めました。

scarlatti K.87 L.33

スカルラッティ ソナタ K.87/L.33   動画集

 D.Scarlatti  Sonate   K.87/L.33 

(カートパトリック番号 K.87 ロンゴ番号 L.33 )
Mボックスでは、スカルラッティソナタ・各曲ごとの動画集を作成しています。ピアノ・チェンバロ(ハープシコード)・ピアノフォルテ等の動画で構成されています。
  • ドメニコ・スカルラッティソナタシリーズ一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ソナタ ロ短調 K.87/L.33 / スカルラッティ,ドメニコ / 赤松 林太郎

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - 赤松 林太郎

神戸大学卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノと室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得卒業。2000年に第3回クララ・シューマン国際ピアノコンクールで日本人初の上位入賞。その後もフランス、イタリア、スペインなど十指を超える国際コンクールで優勝や上位入賞を続ける。現在は年間60回以上の国内外での演奏活動を続けながら、全国各地で審査員、公開講座、指導なども務める。全日本ピアノ指導者協会正会員。2010年PTNA新人指導者賞、2012年PTNA指導者賞(特級グランプリなど輩出)。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ソナタ ロ短調 K.87/L.33 / スカルラッティ,ドメニコ / バルツァーニ,ヴィンツェンツォ

【音源情報CD】[ Musica in Bocconi ]
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - バルツァーニ,ヴィンツェンツォ

イタリアのピアニスト。

3. ソナタ ロ短調 K.87/L.33 / スカルラッティ,ドメニコ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

4. ソナタ ロ短調 K.87/L.33 / スカルラッティ,ドメニコ / ロス,スコット

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - ロス,スコット

チェンバロ・オルガン奏者。アメリカ・ピッツバーグ生まれでフランスおよびカナダを中心に活躍。数々の優れた録音を残した。

5. ソナタ ロ短調 K.87/L.33 / スカルラッティ,ドメニコ / インゲル・ゼーデルグレン

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

6. ソナタ ロ短調 K.87/L.33 / スカルラッティ,ドメニコ / ホロヴィッツ,ウラディミール

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - ホロヴィッツ,ウラディミール

ウクライナ生まれのアメリカのピアニスト。最後のヴィルティオーゾ(巨匠)スタイルのピアニストと言われている。ロシアで生まれ、その後亡命して後半生はアメリカを中心に演奏家として活躍した。

チャールズ皇太子が、ダイアナが第一子を生んだ時に演奏に来てほしいとホロヴィッツに頼んだ時は、「コンコルドでロンドンに行けるなら演奏してもよい」と発言し、本当にコンコルドでに乗って出かけた(もちろん、イレギュラーで)、という今となっては伝説化しているエピソードもある。

途中、演奏を中断していた時期もありましたが、「復活」のリサイタルは、歴史的なカムバックとしてライブが残されています。

7. ソナタ ロ短調 K.87/L.33 / スカルラッティ,ドメニコ / ポゴレリッチ,イーヴォ

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - ポゴレリッチ,イーヴォ

クロアチアのピアニスト。ユーゴスラビアの首都ベオグラード生まれ。1980年、22歳のとき当時43歳の師の女流奏者アリザ・ケゼラーゼと結婚したり、弱音指定の箇所を強打するなど型破りなことでも知られる。
1980年ショパンコンクールでは、ポゴレリッチが決勝に進めなかったことが大きな社会問題になり、逆に彼のを名を世界に知らしめた。

8. ソナタ ロ短調 K.87/L.33 / スカルラッティ,ドメニコ / ハスキル,クララ

演奏と一緒に楽譜を見ることができます。

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - ハスキル,クララ

ルーマニア出身のピアニスト。古典派と初期ロマン派のレパートリーで名高く、とりわけモーツァルト作品の録音と演奏で著名である。