ブルグミュラー 18の練習曲 3.家路につく牧人動画集 | Mボックス

Music video

ブルグミュラー 18の練習曲 3.家路につく牧人動画集

ブルグミュラー 18の練習曲 第3番 家路につく牧人の動画集です。

ブルグミューラー18-3家路につく牧人

18の練習曲 作品109
第3番 家路につく牧人

BURGMÜLLER 18 Etudes Op.109
No.3 Le retour du pâtre

ブルグミュラーの18の練習曲 第3番 家路につく牧人です。

 

 

ブルグミュラーの作品一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. 18の練習曲 作品109 第3番 家路につく牧人 / ブルグミュラー,ヨハン / 黒田 亜樹

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 18の練習曲 作品109 第3番 家路につく牧人

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回B部門課題曲

作曲家解説 - ブルグミュラー,ヨハン

ドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。入門用の練習曲集で有名。ドイツのレーゲンスブルグで生まれ、26歳のときにパリに渡り、マロール・ザン・ウルポア村のボーリューで没する。本格的な作品としてはバレエ音楽「ペリ」があるが、ピアノ教育用の小品 op. 100, 105, 109で知られている。パリではサロン音楽家、教育者として活躍。ヨーロッパではブルグミュラーといえば父のヨハン・アウグスト・フランツ、もしくは弟のノルベルトを指す。日本では、ピアノ学習者のバイブル的存在 「25の練習曲 op. 100」の作曲家としてあまりに有名。長年にわたるその人気が示すとおり、op. 100は丹精で無駄のないテクニックと情感豊かな表現力を要求し、ピアノ教育史において重要な功績をはたしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 黒田 亜樹

日本のピアニスト。東京芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業後、イタリア・ペスカーラ音楽院高等課程を最高位修了。 フランス音楽コンクール第1位、ジローナ20世紀音楽コンクール現代作品特別賞受賞、現代音楽演奏コンクールで優勝。現代音楽の分野にとどまらず、ポップス、タンゴ、ワールド・ミュージック、アヴァンギャルド、舞台音楽など、ジャンルを超越したユニークな活動を行っている。20世紀作品を中心としたレパートリーでは、ソロ活動のほか国内外の主要なオーケストラ、アンサンブルと共演している。ピアノ演奏法の優れた教師としても知られる。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 18の練習曲 作品109 第3番 家路につく牧人 / ブルグミュラー,ヨハン / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 18の練習曲 作品109 第3番 家路につく牧人

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回B部門課題曲

作曲家解説 - ブルグミュラー,ヨハン

ドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。入門用の練習曲集で有名。ドイツのレーゲンスブルグで生まれ、26歳のときにパリに渡り、マロール・ザン・ウルポア村のボーリューで没する。本格的な作品としてはバレエ音楽「ペリ」があるが、ピアノ教育用の小品 op. 100, 105, 109で知られている。パリではサロン音楽家、教育者として活躍。ヨーロッパではブルグミュラーといえば父のヨハン・アウグスト・フランツ、もしくは弟のノルベルトを指す。日本では、ピアノ学習者のバイブル的存在 「25の練習曲 op. 100」の作曲家としてあまりに有名。長年にわたるその人気が示すとおり、op. 100は丹精で無駄のないテクニックと情感豊かな表現力を要求し、ピアノ教育史において重要な功績をはたしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 18の練習曲 作品109 第3番 家路につく牧人 / ブルグミュラー,ヨハン / 長井 充

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 18の練習曲 作品109 第3番 家路につく牧人

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回B部門課題曲

作曲家解説 - ブルグミュラー,ヨハン

ドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。入門用の練習曲集で有名。ドイツのレーゲンスブルグで生まれ、26歳のときにパリに渡り、マロール・ザン・ウルポア村のボーリューで没する。本格的な作品としてはバレエ音楽「ペリ」があるが、ピアノ教育用の小品 op. 100, 105, 109で知られている。パリではサロン音楽家、教育者として活躍。ヨーロッパではブルグミュラーといえば父のヨハン・アウグスト・フランツ、もしくは弟のノルベルトを指す。日本では、ピアノ学習者のバイブル的存在 「25の練習曲 op. 100」の作曲家としてあまりに有名。長年にわたるその人気が示すとおり、op. 100は丹精で無駄のないテクニックと情感豊かな表現力を要求し、ピアノ教育史において重要な功績をはたしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 長井 充

日本のピアニスト。