ベートーヴェン バガテル Op.119-1動画集 | Mボックス

Music video

ベートーヴェン バガテル Op.119-1動画集

ベートーヴェン バガテル Op.119 第1番 ト短調の動画集です。

ベートーヴェン バガテル Op.119-1 ト短調

ベートーヴェン 11のバガテル 作品119
第1番 ト短調

BEETHOVEN 11 Bagatellen Op.119
No.1 in G minor

ベートーヴェンのバガテル ト短調 Op.119-1です。

アルバム収録曲一覧

1. 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ルヴィジ,リー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調

1820年から22年にかけてまとめられた。それぞれは標題こそ持たないけれど、ロマン派の性格的小品のようなスタイルとなっている。第1曲-第6曲は初期の作品と思われる。第7曲-第11曲は後期の作風で、これはシュタルケネスの《ヴィーン・ピアノフォルテ教程》として出版されたこともあって、練習曲的な性格もある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ルヴィジ,リー

アメリカ・ルイビル生まれのピアニスト

2. 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ブレンデル,アルフレッド

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調

1820年から22年にかけてまとめられた。それぞれは標題こそ持たないけれど、ロマン派の性格的小品のようなスタイルとなっている。第1曲-第6曲は初期の作品と思われる。第7曲-第11曲は後期の作風で、これはシュタルケネスの《ヴィーン・ピアノフォルテ教程》として出版されたこともあって、練習曲的な性格もある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ブレンデル,アルフレッド

チェコ出身でクロアチアで育った、オーストリアのピアニスト。1970年フィリップスと専属契約を結び、リリースしたレコードで、その名声を決定づける。 華麗さや派手さはないものの、中庸を行く知的で正統的な解釈で多くの音楽ファンを惹きつけている。ドイツ・オーストリア音楽の王道とも言うべき作曲家の作品を得意としている。ソロ以外では室内楽や歌曲の伴奏でも多くの名演奏を生み出している。2008年12月のコンサートをもって引退した

3. 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / アファナシエフ,ヴァレリー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調

1820年から22年にかけてまとめられた。それぞれは標題こそ持たないけれど、ロマン派の性格的小品のようなスタイルとなっている。第1曲-第6曲は初期の作品と思われる。第7曲-第11曲は後期の作風で、これはシュタルケネスの《ヴィーン・ピアノフォルテ教程》として出版されたこともあって、練習曲的な性格もある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - アファナシエフ,ヴァレリー

ロシアのピアニスト、詩人・作家。

4. 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / プレトニョフ,ミハイル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調

1820年から22年にかけてまとめられた。それぞれは標題こそ持たないけれど、ロマン派の性格的小品のようなスタイルとなっている。第1曲-第6曲は初期の作品と思われる。第7曲-第11曲は後期の作風で、これはシュタルケネスの《ヴィーン・ピアノフォルテ教程》として出版されたこともあって、練習曲的な性格もある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - プレトニョフ,ミハイル

ロシアのピアニスト・指揮者。1978年にチャイコフスキー国際コンクールで金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。幅広いレパートリーを持つ。自分はヴィルトゥオーソではないとたびたび発言している。

5. 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / リンダ・ニコルソン

フォルテピアノによる演奏です。貴重です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調

1820年から22年にかけてまとめられた。それぞれは標題こそ持たないけれど、ロマン派の性格的小品のようなスタイルとなっている。第1曲-第6曲は初期の作品と思われる。第7曲-第11曲は後期の作風で、これはシュタルケネスの《ヴィーン・ピアノフォルテ教程》として出版されたこともあって、練習曲的な性格もある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - リンダ・ニコルソン

ンドンの生まれ。ロンドン大学を経て、王立音楽大学でケンダル・テイラーにピアノ、ルース・ダイソンにチェンバロを師事する。パリ国際フォルテピアノ・コンクールおよびブルージュのフランドル音楽祭コンクールで優勝する。1978年からロンドン・ピアノフォルテ・トリオのメンバーとして活動している。2004年にはドメニコ・スカルラッティのソナタを、作曲家自身が使ったとされるタイプのフォルテピアノの複製を使って演奏した。

6. 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / チェルカスキー,シューラ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 11のバガテル 作品119 第1番 ト短調

1820年から22年にかけてまとめられた。それぞれは標題こそ持たないけれど、ロマン派の性格的小品のようなスタイルとなっている。第1曲-第6曲は初期の作品と思われる。第7曲-第11曲は後期の作風で、これはシュタルケネスの《ヴィーン・ピアノフォルテ教程》として出版されたこともあって、練習曲的な性格もある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - チェルカスキー,シューラ

ウクライナ出身のユダヤ系アメリカ人ピアニスト。本名アレクサンドル・イサーコヴィチ・チェルカスキー.