ショスタコーヴィチ 子供のノート 6曲 機械人形動画集 | Mボックス

Music video

ショスタコーヴィチ 子供のノート 6曲 機械人形動画集

ショスタコーヴィチ 子供のノート 第6曲 機械人形の動画集です。

ショスタコーヴィチ 子供のノート 第6曲 機械人形

ショスタコーヴィチ 子供のノート 作品69
第6曲 機械人形 (ぜんまいじかけのお人形)

ショスタコーヴィチの子供のノート 第6曲 機械人形 Op.69-6です。

アルバム収録曲一覧

1. 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形) / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / 中田 雄一朗

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形)

PTNA2002年B級課題曲,2017年B級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 中田 雄一朗

1988年生まれ。栃木県生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て,東京藝術大学器楽科ピアノを卒業。第3回北本ピアノコンクールF部門第1位。第9回かやぶき音楽堂デュオコンクールB部門第2位。第3回アルカスピアノコンクールデュオグランプリ部門第3位。
これまでにピアノを、故・田村宏、故・堀江孝子、渡邉健二、黒川浩、堺康馬、國土浩子、秦はるひ、H.バルダの各氏に師事。元伊奈学園総合高等学校非常勤講師、元昭和楽器(ヤマハ)特別講師。
現在、(株)東音企画にて勤務する傍ら、ソロ・室内楽・ピアノデュオの演奏及び、後進の指導にも力を注いでいる。ピアノ・プラザ高崎にて音楽教室講師、全日本ピアノ指導者協会指導会員。  

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形) / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / 田口 翔

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形)

PTNA2002年B級課題曲,2017年B級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 田口 翔

日本のピアニスト。武蔵野音楽大学器楽学部卒業。1994年渡独:国立シュトゥットガルト音楽大学大学院で5年にわたり、ピアノ独奏及び歌曲伴奏法を学ぶ。2000年:ライプツィッヒに移る。ピアノ独奏、歌曲伴奏、室内楽など演奏活動をするかたわら、バロック音楽の解釈と奏法を学ぶ。2006年ドイツより帰国し、拠点を日本に。演奏活動のほか、定期的にバロック音楽のアナリーゼ、古典楽曲の解釈、ピアノ指導者へのアドバイスレッスンをライフワークとしている。全日本ピアノ指導者協会会員、ベーテンピアノコンクール審査員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形) / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / コンスタンティン・シチェルバコフ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形)

PTNA2002年B級課題曲,2017年B級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - コンスタンティン・シチェルバコフ

ロシアのピアニスト。現代の技巧派ピアニストとして知られている。