ショスタコーヴィチ 子供のノート 6曲 機械人形動画集 | Mボックス

Music video

ショスタコーヴィチ 子供のノート 6曲 機械人形動画集

ショスタコーヴィチ 子供のノート 第6曲 機械人形の動画集です。

ショスタコーヴィチ 子供のノート 第6曲 機械人形

ショスタコーヴィチ 子供のノート 作品69
第6曲 機械人形 (ぜんまいじかけのお人形)

GURLITT Der erste Vortrag Op.210
No.9 Gavotte

ショスタコーヴィチの子供のノート 第6曲 機械人形 Op.69-6です。

アルバム収録曲一覧

1. 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形) / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / 小栗 克裕

作曲家である小栗克裕さんの課題曲講座より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形)

PTNA2002年B級課題曲,2017年B級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 小栗 克裕

日本の作曲家。東京芸術大学作曲科卒業,同大学院修了。管弦楽作品において数々の受賞。合唱作品やさまざまな楽器による編曲も多数出版。また自作、自編曲を交えたピアノリサイタルや、声楽、合唱、器楽の伴奏などステージでの活動も行う。現在,聖徳大学人文学部音楽文化学科助教授,日本作曲家協議会会員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形) / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形)

PTNA2002年B級課題曲,2017年B級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形) / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / ハックルベリー,アラン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形)

PTNA2002年B級課題曲,2017年B級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ハックルベリー,アラン

アメリカの演奏家・教育者。アイオワ大学で教えている。

4. 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形) / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / コンスタンティン・シチェルバコフ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のノート 第6曲 機械人形(ぜんまいじかけのお人形)

PTNA2002年B級課題曲,2017年B級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - コンスタンティン・シチェルバコフ

ロシアのピアニスト。現代の技巧派ピアニストとして知られている。