ヘンデル インパーティネンス HWV494 動画集 | Mボックス

Music video

ヘンデル インパーティネンス HWV494 動画集

ヘンデル インパーティネンスの動画集です。

ヘンデル インパーティネンス

ヘンデル インパーティネンス HWV 494

HÄNDEL Impertinence HWV 494

ヘンデルのインパーティネンスです。

アルバム収録曲一覧

1. インパーティネンス (ブーレ) / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 田口 翔

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - インパーティネンス (ブーレ)

2015 - 2016 ABRSM Piano Exam Grade 2 A:1
国際ピアノコンクールin知多2016年第23回B部門課題曲

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 田口 翔

日本のピアニスト。武蔵野音楽大学器楽学部卒業。1994年渡独:国立シュトゥットガルト音楽大学大学院で5年にわたり、ピアノ独奏及び歌曲伴奏法を学ぶ。2000年:ライプツィッヒに移る。ピアノ独奏、歌曲伴奏、室内楽など演奏活動をするかたわら、バロック音楽の解釈と奏法を学ぶ。2006年ドイツより帰国し、拠点を日本に。演奏活動のほか、定期的にバロック音楽のアナリーゼ、古典楽曲の解釈、ピアノ指導者へのアドバイスレッスンをライフワークとしている。全日本ピアノ指導者協会会員、ベーテンピアノコンクール審査員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. インパーティネンス (ブーレ) / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 中田 雄一朗

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - インパーティネンス (ブーレ)

2015 - 2016 ABRSM Piano Exam Grade 2 A:1
国際ピアノコンクールin知多2016年第23回B部門課題曲

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 中田 雄一朗

1988年生まれ。栃木県生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て,東京藝術大学器楽科ピアノを卒業。第3回北本ピアノコンクールF部門第1位。第9回かやぶき音楽堂デュオコンクールB部門第2位。第3回アルカスピアノコンクールデュオグランプリ部門第3位。
これまでにピアノを、故・田村宏、故・堀江孝子、渡邉健二、黒川浩、堺康馬、國土浩子、秦はるひ、H.バルダの各氏に師事。元伊奈学園総合高等学校非常勤講師、元昭和楽器(ヤマハ)特別講師。
現在、(株)東音企画にて勤務する傍ら、ソロ・室内楽・ピアノデュオの演奏及び、後進の指導にも力を注いでいる。ピアノ・プラザ高崎にて音楽教室講師、全日本ピアノ指導者協会指導会員。  

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. インパーティネンス (ブーレ) / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - インパーティネンス (ブーレ)

2015 - 2016 ABRSM Piano Exam Grade 2 A:1
国際ピアノコンクールin知多2016年第23回B部門課題曲

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. インパーティネンス (ブーレ) / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - インパーティネンス (ブーレ)

2015 - 2016 ABRSM Piano Exam Grade 2 A:1
国際ピアノコンクールin知多2016年第23回B部門課題曲

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. インパーティネンス (ブーレ) / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 演奏者不明

楽譜と共に

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - インパーティネンス (ブーレ)

2015 - 2016 ABRSM Piano Exam Grade 2 A:1
国際ピアノコンクールin知多2016年第23回B部門課題曲

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. インパーティネンス (ブーレ) / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - インパーティネンス (ブーレ)

2015 - 2016 ABRSM Piano Exam Grade 2 A:1
国際ピアノコンクールin知多2016年第23回B部門課題曲

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より