スクリャービン ピアノソナタ2番「幻想」1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

スクリャービン ピアノソナタ2番「幻想」1楽章 動画集

スクリャービン ピアノソナタ第2番「幻想」 嬰ト短調 Op.19 第1楽章の動画集です。

スクリャービン ピアノソナタ 第2番 Op.19 幻想 第1楽章

スクリャービン ピアノソナタ 第2番 「幻想」 嬰ト短調 作品19
第1楽章 アンダンテ

SCRIABIN Piano Sonata No.2 “Fantasy” in G sharp minor Op.19
1st mov. Andante

スクリャービンのピアノソナタ第2番「幻想」 嬰ト短調 第1楽章です。
「幻想ソナタ」とも呼ばれています。
●スクリャービン ピアノソナタ第2番の解説はこちら
●スクリャービン ピアノソナタの動画集一覧はこちら
●スクリャービン 全ての動画集一覧はこちら
アルバム収録曲
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / 喜多 宏丞
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / 喜多 宏丞
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / 岸 美奈子
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / リード 希亜奈
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / 前山 仁美
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / 及川 まりや
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / ペルヴェツ・モディ
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / キーシン,エフゲニー
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / ワン,ユジャ
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第2楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / ワン,ユジャ
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / リシッツァ,ヴァレンティーナ
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / リヒテル,スヴャトスラフ
ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / アシュケナージ,ウラディーミル

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / 喜多 宏丞

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - 喜多 宏丞

日本のピアニスト。東京藝術大学音楽学部を経て、同大学大学院修士課程修了。現在、同大学院博士課程在籍。
第26回ピティナ・ピアノコンペティション全国大会G級金賞・東京都知事賞・読売新聞社賞・ヒノキ賞・王子賞。第77回日本音楽コンクール第1位・野村賞・井口賞・河合賞・三宅賞。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / 喜多 宏丞

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - 喜多 宏丞

日本のピアニスト。東京藝術大学音楽学部を経て、同大学大学院修士課程修了。現在、同大学院博士課程在籍。
第26回ピティナ・ピアノコンペティション全国大会G級金賞・東京都知事賞・読売新聞社賞・ヒノキ賞・王子賞。第77回日本音楽コンクール第1位・野村賞・井口賞・河合賞・三宅賞。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / 岸 美奈子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

4. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / リード 希亜奈

第35回ピティナ・ピアノコンペティション 王子ホール賞 受賞披露演奏会 2012年2月11日 王子ホール
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - リード 希亜奈

日本のピアニスト。

5. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / 前山 仁美

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - 前山 仁美

日本のピアニスト。北鎌倉女子学園高等学校を卒業後、ロシア国立モスクワ音楽院へ留学。ピティナ・ピアノコンペティションB級奨励賞、D級銅賞、G級金賞(東京都知事賞、讀賣新聞社賞、ヒノキ賞、王子賞、洗足学園前田賞など各賞受賞)、特級グランプリ・聴衆賞受賞(文部科学大臣賞、讀賣新聞社賞、ミキモト賞、王子賞、三菱鉛筆賞など各賞受賞)。国内はもとより海外での演奏会も多く、これまでに、ロシア、フランス、ドイツ、イタリア、日本各地でリサイタルや室内楽などの演奏活動を行う。また、国内外の管弦楽団と共演。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / 及川 まりや

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - 及川 まりや

日本のピアニスト。ピティナ・ピアノコンペティションにて、98年A1級金賞第1席。99年B級ベスト賞。00年C級ベスト賞及びデュオ初級奨励賞。02年E級金賞・審査員特別賞。03年Jr.G級優秀賞第1位。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

7. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / ペルヴェツ・モディ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

8. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / キーシン,エフゲニー

verbier 2014 ライブ演奏ですが、音と映像が少しずれています。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - キーシン,エフゲニー

ロシアのピアニスト。わずか2歳でピアノを学び始める。のちグネーシン音楽大学に進んで、アンナ・パヴロフナ=カントルに今日まで師事する。10歳でピアノ協奏曲を弾いてデビュー、11歳で初リサイタルを開くなど、幼い頃から神童ぶりを発揮する。現在若手ピアニストの中では一番の人気と実力を誇る。

9. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / ワン,ユジャ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - ワン,ユジャ

中国の若手ピアニスト 中国名:王羽佳
非常にテクニシャンで、超絶的な演奏が得意。

10. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第2楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / ワン,ユジャ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第2楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - ワン,ユジャ

中国の若手ピアニスト 中国名:王羽佳
非常にテクニシャンで、超絶的な演奏が得意。

11. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / リシッツァ,ヴァレンティーナ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。

12. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / リヒテル,スヴャトスラフ

楽譜と共に

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - リヒテル,スヴャトスラフ

ドイツ人を父にウクライナで生まれ、主にロシアで活躍した(ただし在留ドイツ人として扱われた)。その卓越した演奏技術から20世紀最大のピアニストと称された。

楽譜を見ながら弾くスタイルだった。ヤマハのピアノを好んで弾いたピアニストでもある。

13. ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章 / スクリャービン,アレクサンドル / アシュケナージ,ウラディーミル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 《幻想》 ヘ短調 第1楽章

1897年の作品。第1番のソナタと比べると、ピアノ曲を作曲する上での書法、語法の面でも多くの面で発展が見られ、後年スクリャービンの個性となる飛翔感、高揚感、官能が既に色濃く顕れている。全2楽章であるが、第1楽章は演奏時間の2/3を締め、時間的にも内容的にも、この作品の中心といえるだろう。スクリャービンは旅行先で出会った海の風景から、この作品にとりかかる着想を得たという。光彩と打ち寄せる波が交錯するような印象。中声部に現れる第2主題は極めて美しい。第2楽章は激しく打ち寄せる波を模したかのようなダイナミックな無窮動の音楽。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スクリャービン,アレクサンドル

ロシアの作曲家、ピアニスト。10度音程が掴めない程度の手の持ち主だったにもかかわらず、学生時代の同級生ヨゼフ・レヴィーンらと、超絶技巧の難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を無理に続け、ついに右手首を故障するに至った。回復するまでの間に、左手を特訓するとともに、ピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。右手以上の運動量を要求され、広い音域を駆け巡ることから「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法を編み出した。1900年ごろから神智学に傾倒し「神秘和音」という独自の響きを用いた楽曲を作曲した。

音を聴くと色が見える「色聴感覚」保持者としても有名。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。