ハイドン ピアノソナタHob.XVI:G1 1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ハイドン ピアノソナタHob.XVI:G1 1楽章 動画集

ハイドン ピアノソナタ ト長調 Hob.XVI:G1 第1楽章の動画集です。

ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:G1 第1楽章

ハイドン ピアノソナタ ト長調 Hob.XVI:G1
(第4番 (ランドン版・旧ウィーン原典版))
第1楽章 アレグロ

HAYDN Piano Sonata in G major Hob.XVI:G1
(No.4 (Landon Ed., Wiener Urtext Ed.))
1st mov. Allegro

ハイドンのピアノソナタ Hob.XVI:G1 第1楽章です。
ハイドンが作曲したピアノソナタは、疑問視や偽作、消失作も含めれば、全65曲存在します。
●ハイドン ピアノの解説はこちら
●ハイドン ピアノソナタ動画集一覧はこちら
●ハイドン 全ての動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ (第4番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ト長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ (第4番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ト長調 第1楽章

明確にハイドンの真作であるとは確認されていないが、第1楽章が第5番のソナタHob.XVI:11の第3楽章と同じ音楽である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。