ベートーヴェン ピアノソナタ24番2楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ベートーヴェン ピアノソナタ24番2楽章 動画集

ベートーヴェン ピアノソナタ24番1楽章の動画集です。様々な演奏家の名演を網羅しています。

ベートーヴェンピアノソナタ第24番第2楽章

ベートーヴェン ピアノソナタ 第24番「テレーゼ」 嬰へ長調op.78

第2楽章

Sonate für Klavier Nr.24 Fis-Dur  Op.78
2nd.mov.

 

ベートーヴェンのソナタの動画を集めました。ライブ演奏もあります。

 

ベートーヴェンピアノソナタ第24番の解説はこちら
ベートーヴェンピアノソナタ集一覧a(  1番~10番)は こちら
ベートーヴェンピアノソナタ集一覧b(11番~20番)は こちら
ベートーヴェンピアノソナタ集一覧c(21番~32番)は こちら
ベートーヴェン動画集総一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第24番 嬰へ短調 《テレーゼ》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 尾崎 有飛

ピティナ・ピアノ曲事典【公開録音コンサート】2012年6月3日 東音ホール
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第24番 嬰へ短調 《テレーゼ》 第2楽章

冒頭のわずか4小節の序奏の美しさが、彼のピアノ作品の中でも比肩することのない情緒を湛えている。二楽章構成の私的な雰囲気を残す中期の作品。同じ年には《皇帝》が発表されているが、この頃のベートーヴェンの室内楽曲は1808年中ごろまでの《運命》《田園》に代表される管弦楽作品が次々に生み出されていた時期を終え、続く同《7番》《8番》を発表する間に位置している。主題の展開などの研究につとめていた時期でもあり、この作品から続く3つのピアノソナタを俗にカンタービレ期とする分類も見られる。第一楽章の展開部で聴くことの出来る第一主題の細やかな扱い方や、第二楽章のソナタ形式とロンド形式が同居したような展開は耳を惹く。前楽章の半分にも満たない規模であるが、デリケートな軽やかさに貫かれていて心地よい。いわゆる「中期ベートーヴェン」から想像する雄雄しさとはまた違った側面が感じ取れる。

献呈されたテレーゼ・フォン・フラウンシュヴァイクはベートーヴェンがおそらくは生涯を通して友情を育んだ女性である。彼女から送られた肖像画をベートーヴェンは死ぬまで誰にも見せることなく、後に遺品の中からかの「不滅の恋人」へ宛てた手紙と共に発見されたことから長い間「不滅の恋人」本人であると考えられていた。この作品を捧げた時期には婚約の間柄にあり、「生命が豊かに湧き上る想い」(ロマン・ロラン)がふたりを支配していた。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - 尾崎 有飛

日本のピアニスト。現在ドイツに留学中、アリエ・ヴァルディ氏に師事。第5回国際フランツ・リストピアノコンクール(ドイツ)ディプロマ賞受賞、第8回フランツ・リスト国際ピアノコンクール」(オランダ)にてThe Henk de By Incentive Prize (若手最優秀賞)受賞、第7回浜松国際ピアノコンクール」奨励賞受賞。ピティナ・ピアノ・コンペティション全国決勝大会E級金賞、G級銀賞、特級グランプリ等、数々のコンクールで受賞。日本・ドイツ・イタリア各地でのソロリサイタルをはじめ、幅広い演奏活動を行っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ピアノソナタ 第24番 嬰へ短調 《テレーゼ》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / リチャード・グード

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第24番 嬰へ短調 《テレーゼ》 第2楽章

冒頭のわずか4小節の序奏の美しさが、彼のピアノ作品の中でも比肩することのない情緒を湛えている。二楽章構成の私的な雰囲気を残す中期の作品。同じ年には《皇帝》が発表されているが、この頃のベートーヴェンの室内楽曲は1808年中ごろまでの《運命》《田園》に代表される管弦楽作品が次々に生み出されていた時期を終え、続く同《7番》《8番》を発表する間に位置している。主題の展開などの研究につとめていた時期でもあり、この作品から続く3つのピアノソナタを俗にカンタービレ期とする分類も見られる。第一楽章の展開部で聴くことの出来る第一主題の細やかな扱い方や、第二楽章のソナタ形式とロンド形式が同居したような展開は耳を惹く。前楽章の半分にも満たない規模であるが、デリケートな軽やかさに貫かれていて心地よい。いわゆる「中期ベートーヴェン」から想像する雄雄しさとはまた違った側面が感じ取れる。

献呈されたテレーゼ・フォン・フラウンシュヴァイクはベートーヴェンがおそらくは生涯を通して友情を育んだ女性である。彼女から送られた肖像画をベートーヴェンは死ぬまで誰にも見せることなく、後に遺品の中からかの「不滅の恋人」へ宛てた手紙と共に発見されたことから長い間「不滅の恋人」本人であると考えられていた。この作品を捧げた時期には婚約の間柄にあり、「生命が豊かに湧き上る想い」(ロマン・ロラン)がふたりを支配していた。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - リチャード・グード

ニューヨーク州イースト・ブロンクス出身。カーティス音楽院でルドルフ・ゼルキンとミェチスワフ・ホルショフスキに師事。第1回クララ・ハスキル国際コンクールに入賞し、エイヴリー・フィッシャー賞を受賞。

3. ピアノソナタ 第24番 嬰へ短調 《テレーゼ》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / アラウ,クラウディオ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第24番 嬰へ短調 《テレーゼ》 第2楽章

冒頭のわずか4小節の序奏の美しさが、彼のピアノ作品の中でも比肩することのない情緒を湛えている。二楽章構成の私的な雰囲気を残す中期の作品。同じ年には《皇帝》が発表されているが、この頃のベートーヴェンの室内楽曲は1808年中ごろまでの《運命》《田園》に代表される管弦楽作品が次々に生み出されていた時期を終え、続く同《7番》《8番》を発表する間に位置している。主題の展開などの研究につとめていた時期でもあり、この作品から続く3つのピアノソナタを俗にカンタービレ期とする分類も見られる。第一楽章の展開部で聴くことの出来る第一主題の細やかな扱い方や、第二楽章のソナタ形式とロンド形式が同居したような展開は耳を惹く。前楽章の半分にも満たない規模であるが、デリケートな軽やかさに貫かれていて心地よい。いわゆる「中期ベートーヴェン」から想像する雄雄しさとはまた違った側面が感じ取れる。

献呈されたテレーゼ・フォン・フラウンシュヴァイクはベートーヴェンがおそらくは生涯を通して友情を育んだ女性である。彼女から送られた肖像画をベートーヴェンは死ぬまで誰にも見せることなく、後に遺品の中からかの「不滅の恋人」へ宛てた手紙と共に発見されたことから長い間「不滅の恋人」本人であると考えられていた。この作品を捧げた時期には婚約の間柄にあり、「生命が豊かに湧き上る想い」(ロマン・ロラン)がふたりを支配していた。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - アラウ,クラウディオ

南米チリ出身でアメリカを中心に活動したピアニスト。20世紀を代表するピアノの巨匠として知られた。
1941年、カーネギー・ホールにデビューし、翌年より本拠をアメリカに移す。第二次大戦後は南北アメリカ、東西ヨーロッパ、アジアなど世界的に活躍(日本には1965年初来日)。最晩年までコンサート・録音を精力的に行い、文字通り「巨匠」の名にふさわしい活躍をみせた。

4. ピアノソナタ 第24番 嬰へ短調 《テレーゼ》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / バレンボイム,ダニエル

バレンボイム、ベートーベン連続演奏会のライブの様です。 音質もグッドです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第24番 嬰へ短調 《テレーゼ》 第2楽章

冒頭のわずか4小節の序奏の美しさが、彼のピアノ作品の中でも比肩することのない情緒を湛えている。二楽章構成の私的な雰囲気を残す中期の作品。同じ年には《皇帝》が発表されているが、この頃のベートーヴェンの室内楽曲は1808年中ごろまでの《運命》《田園》に代表される管弦楽作品が次々に生み出されていた時期を終え、続く同《7番》《8番》を発表する間に位置している。主題の展開などの研究につとめていた時期でもあり、この作品から続く3つのピアノソナタを俗にカンタービレ期とする分類も見られる。第一楽章の展開部で聴くことの出来る第一主題の細やかな扱い方や、第二楽章のソナタ形式とロンド形式が同居したような展開は耳を惹く。前楽章の半分にも満たない規模であるが、デリケートな軽やかさに貫かれていて心地よい。いわゆる「中期ベートーヴェン」から想像する雄雄しさとはまた違った側面が感じ取れる。

献呈されたテレーゼ・フォン・フラウンシュヴァイクはベートーヴェンがおそらくは生涯を通して友情を育んだ女性である。彼女から送られた肖像画をベートーヴェンは死ぬまで誰にも見せることなく、後に遺品の中からかの「不滅の恋人」へ宛てた手紙と共に発見されたことから長い間「不滅の恋人」本人であると考えられていた。この作品を捧げた時期には婚約の間柄にあり、「生命が豊かに湧き上る想い」(ロマン・ロラン)がふたりを支配していた。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - バレンボイム,ダニエル

アルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。現在の国籍はイスラエル。ロシア出身のユダヤ系移民を両親として生まれる。5歳のとき母親にピアノの手ほどきを受け、その後は父エンリケに師事。両親のほかにピアノの指導を受けてはいない。少年時代から音楽の才能を表し、1950年8月まだ7歳のうちにブエノスアイレスで最初の公開演奏会を開いてピアニストとしてデビュー。1991年よりショルティからシカゴ交響楽団音楽監督の座を受け継いでからは、卓越した音楽能力を発揮し、現在は世界で最も有名な辣腕指揮者のひとりとして知られている。第二次大戦後に活躍してきた指揮界の巨星が相次いで他界した後の、次世代のカリスマ系指揮者のひとりとして世界的に注目と期待が集まっている。