ハイドン ピアノソナタHob.XVI:41 1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ハイドン ピアノソナタHob.XVI:41 1楽章 動画集

ハイドン ピアノソナタ 変ロ長調 Hob.XVI:41 第1楽章の動画集です。

ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:41 第1楽章

ハイドン ピアノソナタ 変ロ長調 Hob.XVI:41, 作品37-2
(第41番 (第55番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)))
第1楽章 アレグロ

HAYDN Piano Sonata in B flat major Hob.XVI:41, Op.37-2
(No.41 (No.55 (Landon Ed., Wiener Urtext Ed.)))
1st mov. Allegro

ハイドンのピアノソナタ Hob.XVI:41 第1楽章です。
ハイドンが作曲したピアノソナタは、疑問視や偽作、消失作も含めれば、全65曲存在します。
●ハイドン ピアノの解説はこちら
●ハイドン ピアノソナタ動画集一覧はこちら
●ハイドン 全ての動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第41番 (第55番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) 変ロ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / チャイモビッチ,ヴァディム

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第41番 (第55番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) 変ロ長調 第1楽章

「ソナタ集 第2巻」として1784年に出版されたことから、それまでには作曲されていたことがわかっている。ここには、Hob. XVI/40-42の作品37の3曲が収められていた。この3曲のピアノ・ソナタはすべて全2楽章から成り、このピアノ・ソナタはその2曲目にあたる。

第1楽章の変ロ長調はアレグロの2分の2拍子。主調の音階を上下行する動きのある主題で開始する。展開部(第56小節~)では、変ホ長調による第1主題の展開の前に、これを導くこの調の属和音と、この属和音を導くためにそれに先立つ変ニ長調の主和音が各2小節ずつ響く(変二音-へ音-変イ音→変ロ音-二音-へ音-変イ音→変ホ長調による第1主題の展開)。従って、この中には、潜在的に、変ホ音を導く変二音→二音→変ホ音という半音階的な音の進行が見られる。その後、第2主題も扱われる。再現部(第97小節~)では、提示部の終結部分を拡張する手法を用いて、この楽章を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - チャイモビッチ,ヴァディム

リトアニア出身のピアニスト。

2. ピアノソナタ 第41番 (第55番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) 変ロ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第41番 (第55番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) 変ロ長調 第1楽章

「ソナタ集 第2巻」として1784年に出版されたことから、それまでには作曲されていたことがわかっている。ここには、Hob. XVI/40-42の作品37の3曲が収められていた。この3曲のピアノ・ソナタはすべて全2楽章から成り、このピアノ・ソナタはその2曲目にあたる。

第1楽章の変ロ長調はアレグロの2分の2拍子。主調の音階を上下行する動きのある主題で開始する。展開部(第56小節~)では、変ホ長調による第1主題の展開の前に、これを導くこの調の属和音と、この属和音を導くためにそれに先立つ変ニ長調の主和音が各2小節ずつ響く(変二音-へ音-変イ音→変ロ音-二音-へ音-変イ音→変ホ長調による第1主題の展開)。従って、この中には、潜在的に、変ホ音を導く変二音→二音→変ホ音という半音階的な音の進行が見られる。その後、第2主題も扱われる。再現部(第97小節~)では、提示部の終結部分を拡張する手法を用いて、この楽章を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

3. ピアノソナタ 第41番 (第55番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) 変ロ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第41番 (第55番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) 変ロ長調 第1楽章

「ソナタ集 第2巻」として1784年に出版されたことから、それまでには作曲されていたことがわかっている。ここには、Hob. XVI/40-42の作品37の3曲が収められていた。この3曲のピアノ・ソナタはすべて全2楽章から成り、このピアノ・ソナタはその2曲目にあたる。

第1楽章の変ロ長調はアレグロの2分の2拍子。主調の音階を上下行する動きのある主題で開始する。展開部(第56小節~)では、変ホ長調による第1主題の展開の前に、これを導くこの調の属和音と、この属和音を導くためにそれに先立つ変ニ長調の主和音が各2小節ずつ響く(変二音-へ音-変イ音→変ロ音-二音-へ音-変イ音→変ホ長調による第1主題の展開)。従って、この中には、潜在的に、変ホ音を導く変二音→二音→変ホ音という半音階的な音の進行が見られる。その後、第2主題も扱われる。再現部(第97小節~)では、提示部の終結部分を拡張する手法を用いて、この楽章を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

4. ピアノソナタ 第41番 (第55番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) 変ロ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / チャイモビッチ,ヴァディム

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第41番 (第55番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) 変ロ長調 第1楽章

「ソナタ集 第2巻」として1784年に出版されたことから、それまでには作曲されていたことがわかっている。ここには、Hob. XVI/40-42の作品37の3曲が収められていた。この3曲のピアノ・ソナタはすべて全2楽章から成り、このピアノ・ソナタはその2曲目にあたる。

第1楽章の変ロ長調はアレグロの2分の2拍子。主調の音階を上下行する動きのある主題で開始する。展開部(第56小節~)では、変ホ長調による第1主題の展開の前に、これを導くこの調の属和音と、この属和音を導くためにそれに先立つ変ニ長調の主和音が各2小節ずつ響く(変二音-へ音-変イ音→変ロ音-二音-へ音-変イ音→変ホ長調による第1主題の展開)。従って、この中には、潜在的に、変ホ音を導く変二音→二音→変ホ音という半音階的な音の進行が見られる。その後、第2主題も扱われる。再現部(第97小節~)では、提示部の終結部分を拡張する手法を用いて、この楽章を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - チャイモビッチ,ヴァディム

リトアニア出身のピアニスト。