ハイドン ピアノソナタHob.XVI:34 1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ハイドン ピアノソナタHob.XVI:34 1楽章 動画集

ハイドン ピアノソナタ ホ短調 Hob.XVI:34 第1楽章の動画集です。

ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:34 第1楽章

ハイドン ピアノソナタ ホ短調 Hob.XVI:33, 作品42
(第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)))
第1楽章 プレスト

HAYDN Piano Sonata in E minor Hob.XVI:34, Op.42
(No.34 (No.53 (Landon Ed., Wiener Urtext Ed.)))
1st mov. Presto

ハイドンのピアノソナタ Hob.XVI:34 第1楽章です。
ハイドンが作曲したピアノソナタは、疑問視や偽作、消失作も含めれば、全65曲存在します。
●ハイドン ピアノの解説はこちら
●ハイドン ピアノソナタ動画集一覧はこちら
●ハイドン 全ての動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ短調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / コブリン,アレクサンダー

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ短調 第1楽章

1784年までには作曲されたと考えられている。全3楽章から成る。

第1楽章のホ短調はプレストの8分の6拍子。冒頭の主題は左右の手による会話を思わせるもので、pによる上行形の分散和音の左手で開始する。そして、それに対する右手の合いの手は、登場する度に音域が上がっていく。この主題は8小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏する。第2主題(第30小節~)は、右手の3度ないしは6度の重音が特徴的で、ここでも上昇が際立っている。また、6小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏するところは、第1主題の手法と同じである。展開部(第46小節~)では、第1主題を中心としており、第2主題の要素は見られない。この展開部の終わりの部分では、第1主題の左右の手の役割が入れ替えられ、左手は主調の属和音へ向かって1オクターヴ以上の音域を、3度で下降する。そして、その属和音にフェルマータが付され、再現部(第79小節~)へと続く。この再現部は、提示部を圧縮して再現している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - コブリン,アレクサンダー

ロシアのピアニスト。グラスゴー国際ピアノコンクール優勝(1998年)、ブゾーニ国際コンクール優勝(1999年)、ショパン国際ピアノコンクール第3位(2000年)、第12回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝(2005年)、浜松国際ピアノコンクール最高位(2003年11月)入賞し、ヨーロッパやアジア、南米で精力的に演奏活動を展開。 演奏活動の傍ら、モスクワ国立グネーシン音楽院で後進の指導にあたっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ピアノソナタ 第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ短調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / ソコロフ,グリゴリー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ短調 第1楽章

1784年までには作曲されたと考えられている。全3楽章から成る。

第1楽章のホ短調はプレストの8分の6拍子。冒頭の主題は左右の手による会話を思わせるもので、pによる上行形の分散和音の左手で開始する。そして、それに対する右手の合いの手は、登場する度に音域が上がっていく。この主題は8小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏する。第2主題(第30小節~)は、右手の3度ないしは6度の重音が特徴的で、ここでも上昇が際立っている。また、6小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏するところは、第1主題の手法と同じである。展開部(第46小節~)では、第1主題を中心としており、第2主題の要素は見られない。この展開部の終わりの部分では、第1主題の左右の手の役割が入れ替えられ、左手は主調の属和音へ向かって1オクターヴ以上の音域を、3度で下降する。そして、その属和音にフェルマータが付され、再現部(第79小節~)へと続く。この再現部は、提示部を圧縮して再現している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - ソコロフ,グリゴリー

ロシアのピアニスト。

3. ピアノソナタ 第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ短調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / フェルツマン,ヴラジーミル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ短調 第1楽章

1784年までには作曲されたと考えられている。全3楽章から成る。

第1楽章のホ短調はプレストの8分の6拍子。冒頭の主題は左右の手による会話を思わせるもので、pによる上行形の分散和音の左手で開始する。そして、それに対する右手の合いの手は、登場する度に音域が上がっていく。この主題は8小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏する。第2主題(第30小節~)は、右手の3度ないしは6度の重音が特徴的で、ここでも上昇が際立っている。また、6小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏するところは、第1主題の手法と同じである。展開部(第46小節~)では、第1主題を中心としており、第2主題の要素は見られない。この展開部の終わりの部分では、第1主題の左右の手の役割が入れ替えられ、左手は主調の属和音へ向かって1オクターヴ以上の音域を、3度で下降する。そして、その属和音にフェルマータが付され、再現部(第79小節~)へと続く。この再現部は、提示部を圧縮して再現している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - フェルツマン,ヴラジーミル

ロシアのピアニスト。モスクワで生まれる。父は作曲家のオスカー・フェルツマン。11歳の時、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団との共演でデビューを果たした。1967年、プラハのコンチェルティーナ国際コンクールで優勝し、モスクワ音楽院に入学した。
現在までに、ニューヨーク・フィルハーモニック、ロンドン交響楽団、シンガポール交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を含む国際的に著名なオーケストラとの共演歴を持つ1987年、ソビエト連邦からアメリカ合衆国に移住した。

4. ピアノソナタ 第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ短調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ短調 第1楽章

1784年までには作曲されたと考えられている。全3楽章から成る。

第1楽章のホ短調はプレストの8分の6拍子。冒頭の主題は左右の手による会話を思わせるもので、pによる上行形の分散和音の左手で開始する。そして、それに対する右手の合いの手は、登場する度に音域が上がっていく。この主題は8小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏する。第2主題(第30小節~)は、右手の3度ないしは6度の重音が特徴的で、ここでも上昇が際立っている。また、6小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏するところは、第1主題の手法と同じである。展開部(第46小節~)では、第1主題を中心としており、第2主題の要素は見られない。この展開部の終わりの部分では、第1主題の左右の手の役割が入れ替えられ、左手は主調の属和音へ向かって1オクターヴ以上の音域を、3度で下降する。そして、その属和音にフェルマータが付され、再現部(第79小節~)へと続く。この再現部は、提示部を圧縮して再現している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

5. ピアノソナタ 第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ短調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / クズネツォフ,セルゲイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第34番 (第53番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ短調 第1楽章

1784年までには作曲されたと考えられている。全3楽章から成る。

第1楽章のホ短調はプレストの8分の6拍子。冒頭の主題は左右の手による会話を思わせるもので、pによる上行形の分散和音の左手で開始する。そして、それに対する右手の合いの手は、登場する度に音域が上がっていく。この主題は8小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏する。第2主題(第30小節~)は、右手の3度ないしは6度の重音が特徴的で、ここでも上昇が際立っている。また、6小節の後、フェルマータが付され、これを展開させたものを奏するところは、第1主題の手法と同じである。展開部(第46小節~)では、第1主題を中心としており、第2主題の要素は見られない。この展開部の終わりの部分では、第1主題の左右の手の役割が入れ替えられ、左手は主調の属和音へ向かって1オクターヴ以上の音域を、3度で下降する。そして、その属和音にフェルマータが付され、再現部(第79小節~)へと続く。この再現部は、提示部を圧縮して再現している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - クズネツォフ,セルゲイ

ロシア,モスクワ出身。モスクワ音楽院卒。V. アリストヴァ,M. ボスクレセンスキー,O. マイセンバーグに師事。1999年A.M.A. カラブリア国際ピアノコンクール第1位,2003年ゲザ・アンダ国際ピアノコンクール 第2位, パブリック賞,2005年クリーヴランド国際ピアノコンクール第2位受賞。