ハイドン ピアノソナタHob.XVI:33 1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ハイドン ピアノソナタHob.XVI:33 1楽章 動画集

ハイドン ピアノソナタ ニ長調 Hob.XVI:33 第1楽章の動画集です。

ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:33 第1楽章

ハイドン ピアノソナタ ニ長調 Hob.XVI:33, 作品41-1
(第33番 (第34番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)))
第1楽章 アレグロ

HAYDN Piano Sonata in D major Hob.XVI:33, Op.41-1
(No.33 (No.34 (Landon Ed., Wiener Urtext Ed.)))
1st mov. Allegro

ハイドンのピアノソナタ Hob.XVI:33 第1楽章です。
ハイドンが作曲したピアノソナタは、疑問視や偽作、消失作も含めれば、全65曲存在します。
●ハイドン ピアノの解説はこちら
●ハイドン ピアノソナタ動画集一覧はこちら
●ハイドン 全ての動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第33番 (第34番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ニ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / ホジャイノフ,ニコライ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第33番 (第34番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ニ長調 第1楽章

作曲年代は定かではないが、1778年以前である。というのも、筆写譜のひとつに、筆写された日付が記されているためである。書法的な見解から、1770年代前半の作品と推定する説もあるが、確実ではない。初版はロンドンのビアードモア・アンド・バーチャル社。1783年から翌年にかけて、Hob. XVI: 43、33、34の順に曲集として出版された。もっとも、これらの作品がもともと一連のまとまりをもって作曲されたとは考えにくいことから、この出版は作曲家のあずかり知らぬものだったとみられている。

第1楽章:アレグロ、ニ長調、2/4拍子。ソナタ形式。明るく気楽に紡がれてゆく楽章。第1主題および第2主題冒頭に現れる装飾のような三十二分音符の上行アルペジオは特徴的だが、展開的な動きはあまりない。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - ホジャイノフ,ニコライ

1992年、ロシア・ブラゴヴェシェンスク生まれ。
これまで、ロストロポーヴィチ記念国際音楽祭(コルマール)、第2回ロストロポーヴィチ国際音楽祭(バクー)、第3回「グダンスクの秋」国際ピアノ音楽祭、「ミンスクの春」国際ピアノ・フェスティバル、モーツァルト&チャイコフスキー国際音楽祭(パリ)をはじめとする、数々の音楽祭に出演。

モスクワ、サンクト・ペテルブルクといったロシア国内のほか、ポーランド、ドイツ、フランス、チェコ、ルーマニア、ベラルーシ、モルドヴァ、アゼルバイジャン、南アフリカ、マレーシア、アメリカ合衆国など国外で多くのリサイタルを開いている。

また、モスクワ音楽院交響楽団、ドニエプロペトロフスク・オーケストラ、スロボドキン・センター・オーケストラ、モスクワ交響楽団、モスクワ中央音楽院オーケストラなどと共演している。

これまでに、2003年「ピアノ・ヴィルトゥオーゾ」国際コンクール(チェコ)優勝および特別賞、2004年第9回 カルル・フィルチ国際ピアノ・コンクール(ルーマニア)優勝、2008年スクリヤービン国際ピアノコンクール(パリ)優勝、若い音楽家のための第6回ショパン国際ピアノ・コンクール(モスクワ)第2位および特別賞を受賞。
2010年第16回ショパン国際ピアノ・コンクール(ワルシャワ)ファイナリスト

2. ピアノソナタ 第33番 (第34番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ニ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第33番 (第34番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ニ長調 第1楽章

作曲年代は定かではないが、1778年以前である。というのも、筆写譜のひとつに、筆写された日付が記されているためである。書法的な見解から、1770年代前半の作品と推定する説もあるが、確実ではない。初版はロンドンのビアードモア・アンド・バーチャル社。1783年から翌年にかけて、Hob. XVI: 43、33、34の順に曲集として出版された。もっとも、これらの作品がもともと一連のまとまりをもって作曲されたとは考えにくいことから、この出版は作曲家のあずかり知らぬものだったとみられている。

第1楽章:アレグロ、ニ長調、2/4拍子。ソナタ形式。明るく気楽に紡がれてゆく楽章。第1主題および第2主題冒頭に現れる装飾のような三十二分音符の上行アルペジオは特徴的だが、展開的な動きはあまりない。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

3. ピアノソナタ 第33番 (第34番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ニ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / ホジャイノフ,ニコライ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第33番 (第34番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ニ長調 第1楽章

作曲年代は定かではないが、1778年以前である。というのも、筆写譜のひとつに、筆写された日付が記されているためである。書法的な見解から、1770年代前半の作品と推定する説もあるが、確実ではない。初版はロンドンのビアードモア・アンド・バーチャル社。1783年から翌年にかけて、Hob. XVI: 43、33、34の順に曲集として出版された。もっとも、これらの作品がもともと一連のまとまりをもって作曲されたとは考えにくいことから、この出版は作曲家のあずかり知らぬものだったとみられている。

第1楽章:アレグロ、ニ長調、2/4拍子。ソナタ形式。明るく気楽に紡がれてゆく楽章。第1主題および第2主題冒頭に現れる装飾のような三十二分音符の上行アルペジオは特徴的だが、展開的な動きはあまりない。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - ホジャイノフ,ニコライ

1992年、ロシア・ブラゴヴェシェンスク生まれ。
これまで、ロストロポーヴィチ記念国際音楽祭(コルマール)、第2回ロストロポーヴィチ国際音楽祭(バクー)、第3回「グダンスクの秋」国際ピアノ音楽祭、「ミンスクの春」国際ピアノ・フェスティバル、モーツァルト&チャイコフスキー国際音楽祭(パリ)をはじめとする、数々の音楽祭に出演。

モスクワ、サンクト・ペテルブルクといったロシア国内のほか、ポーランド、ドイツ、フランス、チェコ、ルーマニア、ベラルーシ、モルドヴァ、アゼルバイジャン、南アフリカ、マレーシア、アメリカ合衆国など国外で多くのリサイタルを開いている。

また、モスクワ音楽院交響楽団、ドニエプロペトロフスク・オーケストラ、スロボドキン・センター・オーケストラ、モスクワ交響楽団、モスクワ中央音楽院オーケストラなどと共演している。

これまでに、2003年「ピアノ・ヴィルトゥオーゾ」国際コンクール(チェコ)優勝および特別賞、2004年第9回 カルル・フィルチ国際ピアノ・コンクール(ルーマニア)優勝、2008年スクリヤービン国際ピアノコンクール(パリ)優勝、若い音楽家のための第6回ショパン国際ピアノ・コンクール(モスクワ)第2位および特別賞を受賞。
2010年第16回ショパン国際ピアノ・コンクール(ワルシャワ)ファイナリスト