ハイドン ピアノソナタHob.XVI:32 1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ハイドン ピアノソナタHob.XVI:32 1楽章 動画集

ハイドン ピアノソナタ ロ短調 Hob.XVI:32 第1楽章の動画集です。

ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:32 第1楽章

ハイドン ピアノソナタ ロ短調 Hob.XVI:32, 作品14-6
(第32番 (第47番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)))
第1楽章 アレグロ・モデラート

HAYDN Piano Sonata in B minor Hob.XVI:32, Op.14-6
(No.32 (No.47 (Landon Ed., Wiener Urtext Ed.)))
1st mov. Allegro moderato

ハイドンのピアノソナタ Hob.XVI:32 第1楽章です。
ハイドンが作曲したピアノソナタは、疑問視や偽作、消失作も含めれば、全65曲存在します。
●ハイドン ピアノの解説はこちら
●ハイドン ピアノソナタ動画集一覧はこちら
●ハイドン 全ての動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第32番 (第47番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ロ短調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / 菅原 望

第36回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会 特級セミファイナル 日時:8/18, 2012年 会場:第一生命ホール?
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第32番 (第47番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ロ短調 第1楽章

1774-1776年に作曲された。全3楽章から成る。

第1楽章のロ短調はアレグロ・モデラートの4分の4拍子。冒頭の2小節の右手は主音と属音を主体としたメロディーとなっている。一方、第2主題は半音階的な音の動きが特徴的である。展開部(第29小節~)では、主として第1主題が扱われ、その後、第2主題の要素である半音階的な音の動きを経て、属音を保続し、再現部(第48小節~)へと続く。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - 菅原 望

日本のピアニスト。第8回ショパン国際ピアノコンクールin Asia銀賞、第1回横浜国際音楽コンクール第2位など、幼少より数多くのコンクールに入賞。第31回ピティナ・ピアノコンペティション連弾部門最優秀賞。第35回ピティナ・ピアノコンペティション特級セミファイナリスト。 2012年8月、第36回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ受賞。2011年、大学の友人4人のピアニストによるグループ「image」を結成、各地で演奏会を開催。東京芸術大学を経て、現在、同大学大学院1年在籍。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ピアノソナタ 第32番 (第47番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ロ短調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / 前山 仁美

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第32番 (第47番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ロ短調 第1楽章

1774-1776年に作曲された。全3楽章から成る。

第1楽章のロ短調はアレグロ・モデラートの4分の4拍子。冒頭の2小節の右手は主音と属音を主体としたメロディーとなっている。一方、第2主題は半音階的な音の動きが特徴的である。展開部(第29小節~)では、主として第1主題が扱われ、その後、第2主題の要素である半音階的な音の動きを経て、属音を保続し、再現部(第48小節~)へと続く。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - 前山 仁美

日本のピアニスト。北鎌倉女子学園高等学校を卒業後、ロシア国立モスクワ音楽院へ留学。ピティナ・ピアノコンペティションB級奨励賞、D級銅賞、G級金賞(東京都知事賞、讀賣新聞社賞、ヒノキ賞、王子賞、洗足学園前田賞など各賞受賞)、特級グランプリ・聴衆賞受賞(文部科学大臣賞、讀賣新聞社賞、ミキモト賞、王子賞、三菱鉛筆賞など各賞受賞)。国内はもとより海外での演奏会も多く、これまでに、ロシア、フランス、ドイツ、イタリア、日本各地でリサイタルや室内楽などの演奏活動を行う。また、国内外の管弦楽団と共演。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. ピアノソナタ 第32番 (第47番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ロ短調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / ガヴリリュク,アレクサンダー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第32番 (第47番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ロ短調 第1楽章

1774-1776年に作曲された。全3楽章から成る。

第1楽章のロ短調はアレグロ・モデラートの4分の4拍子。冒頭の2小節の右手は主音と属音を主体としたメロディーとなっている。一方、第2主題は半音階的な音の動きが特徴的である。展開部(第29小節~)では、主として第1主題が扱われ、その後、第2主題の要素である半音階的な音の動きを経て、属音を保続し、再現部(第48小節~)へと続く。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - ガヴリリュク,アレクサンダー

ウクライナのハリコフ出身のピアニスト。1998年オーストラリア音楽学校及びセント・アンドリュース カテドラル学院の奨学生としてシドニーに移住。その後、1999年ホロヴィッツ記念国際ピアノコンクール第1位、2000年11月に行われた第4回浜松国際ピアノコンクールで、審査員満場一致で第1位に輝いた。すでに国内外での演奏経験も豊富で、これまでに各国のオーケストラと共演している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. ピアノソナタ 第32番 (第47番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ロ短調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第32番 (第47番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ロ短調 第1楽章

1774-1776年に作曲された。全3楽章から成る。

第1楽章のロ短調はアレグロ・モデラートの4分の4拍子。冒頭の2小節の右手は主音と属音を主体としたメロディーとなっている。一方、第2主題は半音階的な音の動きが特徴的である。展開部(第29小節~)では、主として第1主題が扱われ、その後、第2主題の要素である半音階的な音の動きを経て、属音を保続し、再現部(第48小節~)へと続く。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。