ハイドン ピアノソナタHob.XVI:31 1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ハイドン ピアノソナタHob.XVI:31 1楽章 動画集

ハイドン ピアノソナタ ホ長調 Hob.XVI:31 第1楽章の動画集です。

ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:31 第1楽章

ハイドン ピアノソナタ ホ長調 Hob.XVI:31, 作品14-5
(第31番 (第46番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)))
第1楽章 モデラート

HAYDN Piano Sonata in E major Hob.XVI:31, Op.14-5
(No.31 (No.46 (Landon Ed., Wiener Urtext Ed.)))
1st mov. Moderato

ハイドンのピアノソナタ Hob.XVI:31 第1楽章です。
ハイドンが作曲したピアノソナタは、疑問視や偽作、消失作も含めれば、全65曲存在します。
●ハイドン ピアノの解説はこちら
●ハイドン ピアノソナタ動画集一覧はこちら
●ハイドン 全ての動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第31番 (第46番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / ドミトロー・チョニ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第31番 (第46番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ長調 第1楽章

1774-1776年に作曲された。全3楽章から成る。

第1楽章のホ長調はモデラートの4分の4拍子。冒頭の4小節は多声的に書かれている。展開部(第25小節~)ではまず第1主題が扱われる。再現部(第42小節~)では、1つのパッセージの中で音域を移すことにより、提示部と変化させている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - ドミトロー・チョニ

ウクライナ / 1993年生まれ。

2. ピアノソナタ 第31番 (第46番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / 演奏者不明

第7回福田靖子賞選考会/2015年8月28日(金)台東区生涯学習センターミレニアムホールにおける長澤優花さんの演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第31番 (第46番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ長調 第1楽章

1774-1776年に作曲された。全3楽章から成る。

第1楽章のホ長調はモデラートの4分の4拍子。冒頭の4小節は多声的に書かれている。展開部(第25小節~)ではまず第1主題が扱われる。再現部(第42小節~)では、1つのパッセージの中で音域を移すことにより、提示部と変化させている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

3. ピアノソナタ 第31番 (第46番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / チャイモビッチ,ヴァディム

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第31番 (第46番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ長調 第1楽章

1774-1776年に作曲された。全3楽章から成る。

第1楽章のホ長調はモデラートの4分の4拍子。冒頭の4小節は多声的に書かれている。展開部(第25小節~)ではまず第1主題が扱われる。再現部(第42小節~)では、1つのパッセージの中で音域を移すことにより、提示部と変化させている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - チャイモビッチ,ヴァディム

リトアニア出身のピアニスト。

4. ピアノソナタ 第31番 (第46番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ長調 第1楽章 / ハイドン,フランツ・ヨーゼフ / コブリン,アレクサンダー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第31番 (第46番 (ランドン版・旧ウィーン原典版)) ホ長調 第1楽章

1774-1776年に作曲された。全3楽章から成る。

第1楽章のホ長調はモデラートの4分の4拍子。冒頭の4小節は多声的に書かれている。展開部(第25小節~)ではまず第1主題が扱われる。再現部(第42小節~)では、1つのパッセージの中で音域を移すことにより、提示部と変化させている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ハイドン,フランツ・ヨーゼフ

オーストリアの作曲家。古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。

演奏家解説 - コブリン,アレクサンダー

ロシアのピアニスト。グラスゴー国際ピアノコンクール優勝(1998年)、ブゾーニ国際コンクール優勝(1999年)、ショパン国際ピアノコンクール第3位(2000年)、第12回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝(2005年)、浜松国際ピアノコンクール最高位(2003年11月)入賞し、ヨーロッパやアジア、南米で精力的に演奏活動を展開。 演奏活動の傍ら、モスクワ国立グネーシン音楽院で後進の指導にあたっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より