モーツァルト ピアノソナタ 第8番3楽章 動画集 | Mボックス

Music video

モーツァルト ピアノソナタ 第8番3楽章 動画集

W.A.モーツァルトのピアノソナタの動画集です。ピアノ・フォルテピアノなどの動画を集めました。

モーツァルト ピアノソナタ 第8番 K.310 第3楽章

W.A.モーツァルト ピアノソナタ第8番 イ短調 K.310 第3楽章

W.A.Mozart Piano Sonata No.8 in A minor K.310 3rd mov.

W.A.モーツァルト ピアノソナタ第8番の第3楽章です。
珍しい短調のソナタ。母親の死の悲しみと関連付けられているとも言われています。
ピアノ、フォルテピアノなどの動画を集めました。
W.A.モーツァルト ピアノソナタ動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / 大竹 道哉

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章

残された自筆譜(ニューヨークのピアポント・モーガン図書館所蔵)の上部右端に、「1778/パリ」と記されている他は、このソナタの成立経緯は現在も不明のままである。
モーツァルトと母アンナ・マリアの旅は、1777年9月23日にザルツブルクを発ち、ミュンヘン、アウグスブルク、マンハイムを経て、1778年3月23日にパリに到着する。この旅行の目的は、就職口を見つけることであったが、その目的が達成されることはなかった。それどころか、パリ滞在中の7月には同行していた母親が帰らぬ人となり、若干21歳のモーツァルトにとって大きな悲しみであったことは想像に難くない。従来このソナタは、母親の死と関連づけて解釈されてきたが、調性が(モーツァルトには珍しく)短調であることが、自身の悲しみを反映させたものだとは、必ずしも言えない。というのも、成立時期が母親の死後であるという証拠は、どこにもないのである。
第3楽章 イ短調 4分の2拍子。急速なテンポ(Presto)の中で、付点4分音符+8分音符の動機が楽章全体を支配している。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - 大竹 道哉

日本のピアニスト。東京音楽大学、研究科を首席で卒業。読売新人演奏会出演。第53回日本音楽コンクール入選。 87~90年ベルリン芸大留学。優等を得て卒業。
07年にはじめてのCD、「バッハ・ピアノリサイタル」(ライブ録音)を発売、「レコード芸術」で高い評価を得る。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / エッシェンバッハ,クリストフ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章

残された自筆譜(ニューヨークのピアポント・モーガン図書館所蔵)の上部右端に、「1778/パリ」と記されている他は、このソナタの成立経緯は現在も不明のままである。
モーツァルトと母アンナ・マリアの旅は、1777年9月23日にザルツブルクを発ち、ミュンヘン、アウグスブルク、マンハイムを経て、1778年3月23日にパリに到着する。この旅行の目的は、就職口を見つけることであったが、その目的が達成されることはなかった。それどころか、パリ滞在中の7月には同行していた母親が帰らぬ人となり、若干21歳のモーツァルトにとって大きな悲しみであったことは想像に難くない。従来このソナタは、母親の死と関連づけて解釈されてきたが、調性が(モーツァルトには珍しく)短調であることが、自身の悲しみを反映させたものだとは、必ずしも言えない。というのも、成立時期が母親の死後であるという証拠は、どこにもないのである。
第3楽章 イ短調 4分の2拍子。急速なテンポ(Presto)の中で、付点4分音符+8分音符の動機が楽章全体を支配している。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - エッシェンバッハ,クリストフ

旧ドイツ領シレジア地方の都市ブレスラウ(現ポーランド・ヴロツワフ)に生まれる。母マルガレーテ(旧姓ヤロス)は、出産と引き換えに亡くなった。ブレスラウ大学(現ヴロツワフ大学)の音楽学者だった父ヘルベルト・リングマンは、第二次世界大戦中にナチスの懲罰部隊に入れられ戦闘で命を落とした。孤児となったクリストフは、1946年、母のいとこであるヴァリドール・エッシェンバッハ(旧姓ヤロス)に引き取られる。

音楽的キャリアにおいては当初、優れたピアニストとして国際的に名声を馳せた。日本においても、音大ピアノ科生のアイドル的存在であった。モーツァルトのソナタや、ヘルベルト・フォン・カラヤン、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのベートーヴェンの協奏曲の録音などがある。また教則本バイエルを初めとするツェルニー、ソナチネアルバム、ソナタアルバムなどの卓抜な演奏録音でも知られる。

3. ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / リパッティ,ディヌ

ブザンソンでの最後演奏会(告別演奏会)におけるライブ演奏

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章

残された自筆譜(ニューヨークのピアポント・モーガン図書館所蔵)の上部右端に、「1778/パリ」と記されている他は、このソナタの成立経緯は現在も不明のままである。
モーツァルトと母アンナ・マリアの旅は、1777年9月23日にザルツブルクを発ち、ミュンヘン、アウグスブルク、マンハイムを経て、1778年3月23日にパリに到着する。この旅行の目的は、就職口を見つけることであったが、その目的が達成されることはなかった。それどころか、パリ滞在中の7月には同行していた母親が帰らぬ人となり、若干21歳のモーツァルトにとって大きな悲しみであったことは想像に難くない。従来このソナタは、母親の死と関連づけて解釈されてきたが、調性が(モーツァルトには珍しく)短調であることが、自身の悲しみを反映させたものだとは、必ずしも言えない。というのも、成立時期が母親の死後であるという証拠は、どこにもないのである。
第3楽章 イ短調 4分の2拍子。急速なテンポ(Presto)の中で、付点4分音符+8分音符の動機が楽章全体を支配している。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - リパッティ,ディヌ

ルーマニアに生まれ。今から50年以上も前の1950年に、 わずか33歳でこの世を去った天才型のピアニスト。晩年、持病の白血病(悪性リンパ腫?)と闘いながら命を削る思いでレコーディングに取り組んでいたと言います。 ブザンソンでの最後演奏会(告別演奏会)の演奏は、まさに、死を見つめた人間にしか到達できない境地の演奏といわれています。

4. ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / リヒテル,スヴャトスラフ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章

残された自筆譜(ニューヨークのピアポント・モーガン図書館所蔵)の上部右端に、「1778/パリ」と記されている他は、このソナタの成立経緯は現在も不明のままである。
モーツァルトと母アンナ・マリアの旅は、1777年9月23日にザルツブルクを発ち、ミュンヘン、アウグスブルク、マンハイムを経て、1778年3月23日にパリに到着する。この旅行の目的は、就職口を見つけることであったが、その目的が達成されることはなかった。それどころか、パリ滞在中の7月には同行していた母親が帰らぬ人となり、若干21歳のモーツァルトにとって大きな悲しみであったことは想像に難くない。従来このソナタは、母親の死と関連づけて解釈されてきたが、調性が(モーツァルトには珍しく)短調であることが、自身の悲しみを反映させたものだとは、必ずしも言えない。というのも、成立時期が母親の死後であるという証拠は、どこにもないのである。
第3楽章 イ短調 4分の2拍子。急速なテンポ(Presto)の中で、付点4分音符+8分音符の動機が楽章全体を支配している。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - リヒテル,スヴャトスラフ

ドイツ人を父にウクライナで生まれ、主にロシアで活躍した(ただし在留ドイツ人として扱われた)。その卓越した演奏技術から20世紀最大のピアニストと称された。

楽譜を見ながら弾くスタイルだった。ヤマハのピアノを好んで弾いたピアニストでもある。

5. ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / シフラ,ジョルジュ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章

残された自筆譜(ニューヨークのピアポント・モーガン図書館所蔵)の上部右端に、「1778/パリ」と記されている他は、このソナタの成立経緯は現在も不明のままである。
モーツァルトと母アンナ・マリアの旅は、1777年9月23日にザルツブルクを発ち、ミュンヘン、アウグスブルク、マンハイムを経て、1778年3月23日にパリに到着する。この旅行の目的は、就職口を見つけることであったが、その目的が達成されることはなかった。それどころか、パリ滞在中の7月には同行していた母親が帰らぬ人となり、若干21歳のモーツァルトにとって大きな悲しみであったことは想像に難くない。従来このソナタは、母親の死と関連づけて解釈されてきたが、調性が(モーツァルトには珍しく)短調であることが、自身の悲しみを反映させたものだとは、必ずしも言えない。というのも、成立時期が母親の死後であるという証拠は、どこにもないのである。
第3楽章 イ短調 4分の2拍子。急速なテンポ(Presto)の中で、付点4分音符+8分音符の動機が楽章全体を支配している。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - シフラ,ジョルジュ

ハンガリー出身のピアニスト。超絶技巧で名高い。Gyorgy Cziffra とも明記する。ブダペストにてロマの家系に生まれる。5歳のときに、居酒屋やサーカスで民謡を主題とする即興演奏を行なって有名になる。ブダペストのフランツ・リスト音楽院に入学し、エルネー・ドホナーニらに師事。実際のところ生演奏では、シフラの豪快な演奏に酔いしれた聴衆が、演奏の途中でやんやの大喝采を送ることも稀ではなかった。いずれにせよシフラが不世出のヴィルトゥオーソであり、即興演奏の達人であった事実はほとんど疑いようがない。

6. ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / 内田 光子

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章

残された自筆譜(ニューヨークのピアポント・モーガン図書館所蔵)の上部右端に、「1778/パリ」と記されている他は、このソナタの成立経緯は現在も不明のままである。
モーツァルトと母アンナ・マリアの旅は、1777年9月23日にザルツブルクを発ち、ミュンヘン、アウグスブルク、マンハイムを経て、1778年3月23日にパリに到着する。この旅行の目的は、就職口を見つけることであったが、その目的が達成されることはなかった。それどころか、パリ滞在中の7月には同行していた母親が帰らぬ人となり、若干21歳のモーツァルトにとって大きな悲しみであったことは想像に難くない。従来このソナタは、母親の死と関連づけて解釈されてきたが、調性が(モーツァルトには珍しく)短調であることが、自身の悲しみを反映させたものだとは、必ずしも言えない。というのも、成立時期が母親の死後であるという証拠は、どこにもないのである。
第3楽章 イ短調 4分の2拍子。急速なテンポ(Presto)の中で、付点4分音符+8分音符の動機が楽章全体を支配している。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - 内田 光子

日本出身、英国籍のピアニスト。お茶の水女子大学附属小学校在学中、桐朋学園の「子供のための音楽教室」にて、松岡貞子に学ぶ。父内田藤雄が外交官であったため、12歳で渡欧。1961年からオーストリアのウィーン音楽院(現:ウィーン国立音楽大学)でリヒャルト・ハウザーに師事する。同時期に、留学中の寺田悦子が同音楽院に在籍し、互いに切磋琢磨した。
その後数々のコンクールにも入賞し、ヨーロッパを中心に活躍する日本人ピアニストとして活躍中。

7. ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / ギレリス,エミール

ギレリスのライブです。貴重です。 モーツアルトですが、かなり骨太です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 イ短調 第3楽章

残された自筆譜(ニューヨークのピアポント・モーガン図書館所蔵)の上部右端に、「1778/パリ」と記されている他は、このソナタの成立経緯は現在も不明のままである。
モーツァルトと母アンナ・マリアの旅は、1777年9月23日にザルツブルクを発ち、ミュンヘン、アウグスブルク、マンハイムを経て、1778年3月23日にパリに到着する。この旅行の目的は、就職口を見つけることであったが、その目的が達成されることはなかった。それどころか、パリ滞在中の7月には同行していた母親が帰らぬ人となり、若干21歳のモーツァルトにとって大きな悲しみであったことは想像に難くない。従来このソナタは、母親の死と関連づけて解釈されてきたが、調性が(モーツァルトには珍しく)短調であることが、自身の悲しみを反映させたものだとは、必ずしも言えない。というのも、成立時期が母親の死後であるという証拠は、どこにもないのである。
第3楽章 イ短調 4分の2拍子。急速なテンポ(Presto)の中で、付点4分音符+8分音符の動機が楽章全体を支配している。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - ギレリス,エミール

20世紀を代表する世界的奏者の一人である。西側で自由に活動することをソ連政府から許された最初の芸術家だった。ロシアの自宅では、アップライトピアノで練習していたといわれている。日本にも何度か来訪した。妹のエリザヴェータはレオニード・コーガンの妻。また、娘のエレーナもピアニストで、父娘で4手ピアノ(連弾や2台ピアノ)デュオの録音を多く残している。

若いころは、鋼鉄のタッチと通称される完璧なテクニックに加えて甘さを控えた格調高い演奏設計で非常に評価が高かったが、晩年は骨太な表現が鳴りを潜め、力を抑えた枯淡の境地と言える表現に変わっていった。