シューマン 詩人の恋 6.ラインの聖なる流れに動画集 | Mボックス

Music video

シューマン 詩人の恋 6.ラインの聖なる流れに動画集

シューマン 詩人の恋 第6曲 ラインの聖なる流れにの動画集です。

シューマン 詩人の恋 第6曲 ライン川の聖なる流れに

シューマン 詩人の恋 作品48
第6曲 ラインの聖なる流れに

SCHUMANN Dichterliebe Op.48
No.6 Im Rhein, im heiligen Strome

シューマンの詩人の恋 第6曲 ラインの聖なる流れに Op.48-6です。
ハインリヒ・ハイネの詩によるシューマン作曲の全16曲からなる連作歌曲です。
●シューマン 詩人の恋の解説はこちら
●シューマン 詩人の恋動画集一覧はこちら
●シューマン 全ての動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. 詩人の恋 第6番 ラインの聖なる流れに / シューマン,ロベルト / プレガルディエン,クリストフ

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - プレガルディエン,クリストフ

ドイツのリリック・テノール歌手。

2. 詩人の恋 第6番 ラインの聖なる流れに / シューマン,ロベルト / ヴンダーリヒ,フリッツ

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - ヴンダーリヒ,フリッツ

ヴンダーリヒは2オクターヴを超える輝くような澄んだ声で知られ、また当初より自然でわざとらしさのない演技、かつ高い技術を決して失わない歌い方で知られた。並外れた音楽家としての集中力と才能を持ち、それを役に投じることができた。今日に至るまで20世紀最大のテノール・リリコではないかと目され、少なくともドイツの歌手史上最も重要な歌手の一人と見なされている。1966年、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場デビューを数日後に控え、自身の36歳の誕生日を目前にした9月16日、マウルブロン郊外のオーバーデアディンゲン(Oberderdingen)にある友人の別荘の階段から転落して頭蓋骨を骨折し、翌日ハイデルベルクの大学病院にて没した。シューベルト『美しき水車小屋の娘』のスタジオ録音を終え、レコード発売を前にしての悲劇だった。結果的にこれが遺作となり、三大歌曲集の残り二つ『冬の旅』および『白鳥の歌』の全曲は、一部曲を除いて永久に録音されなかった。

3. 詩人の恋 第6番 ラインの聖なる流れに / シューマン,ロベルト / ヴンダーリヒ,フリッツ

楽譜と共にご覧になれます。

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - ヴンダーリヒ,フリッツ

ヴンダーリヒは2オクターヴを超える輝くような澄んだ声で知られ、また当初より自然でわざとらしさのない演技、かつ高い技術を決して失わない歌い方で知られた。並外れた音楽家としての集中力と才能を持ち、それを役に投じることができた。今日に至るまで20世紀最大のテノール・リリコではないかと目され、少なくともドイツの歌手史上最も重要な歌手の一人と見なされている。1966年、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場デビューを数日後に控え、自身の36歳の誕生日を目前にした9月16日、マウルブロン郊外のオーバーデアディンゲン(Oberderdingen)にある友人の別荘の階段から転落して頭蓋骨を骨折し、翌日ハイデルベルクの大学病院にて没した。シューベルト『美しき水車小屋の娘』のスタジオ録音を終え、レコード発売を前にしての悲劇だった。結果的にこれが遺作となり、三大歌曲集の残り二つ『冬の旅』および『白鳥の歌』の全曲は、一部曲を除いて永久に録音されなかった。